下山事件 

下山事件(しもやまじけん)とは、1949年(昭和24年)7月5日朝の東京で、日本国有鉄道初代総裁・下山定則(しもやま さだのり)が出勤途中に失踪、翌日未明に死体となって発見された事件である。事件直後からマスコミ等で自殺説・他殺説の両方が流れる中、警察は捜査結果を公式に発表することなく捜査を打ち切った。真相が不明のまま多くの憶測を呼ぶこととなって、「戦後史最大の謎」と呼ばれている。また、同事件から1ヵ月あまりの間に立て続けに発生した三鷹事件、松川事件と合わせて、国鉄の戦後三大ミステリーとも呼ばれる。
スポンサーサイト

[2008/03/30 23:23] MUSIC | TB(0) | CM(1)

下山事件本は一時かなり読みあさりました。戦後のドサクサには妙に心惹かれるものがありますね。。
[2008/03/31 01:06] dj colaboy [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yakenohara.blog73.fc2.com/tb.php/1736-4e938372